「在籍確認なし」の消費者金融ってあるの?

消費者金融の在籍確認なしにできる?

消費者金融に限ったことではありませんが、融資の申し込みを行うと審査があります。
その審査項目の1つに勤務先へ在籍確認の電話をする所が多いです。

 

「在籍確認の電話をされると消費者金融を利用したことがバレてしまうのでは?」と心配になる人もいるでしょうが、その心配はほとんどありません。
なぜなら法律で「第3者に融資の契約をしたことを知らせてはいけない」という旨が制定されていることら在籍確認と言ってもほとんどが担当者の個人名で電話をしてくるからです。
また申し込みの時に電話可能な時間帯を指定できたり、消費者金融の電話番号でかけてほしくない時は携帯電話でかけてもらうなどのお願いをすることも可能です。

 

家族に内緒でお金を借りる方法は?

 

消費者金融の在籍確認なしでお金のピンチをのりきる

それでもできれば電話をしてほしくないなと思う人もいるでしょう。

 

実はテレビでCMをしており誰もが知る大手の消費者金融でも、中小の消費者金融でも在籍確認なしの所があるのです。
口コミを見てもこのような所を選んで申し込みをし、審査に通った人がいることがわかります。

 

ただしこのような所は審査に時間がかる場合がありますので急にお金が必要な場合は注意が必要です。
インターネットでこのような会社を調べることができますので、気になる人は一度検索してみてください。

消費者金融に申し込んだ時に「在籍確認なし」にするための方法とは?

消費者金融の在籍確認なしの審査に必要なもの

ほとんどの消費者金融に融資の申し込みをすると審査項目の中に「勤務先への在籍確認」の電話があります。
「普段自分宛ての電話がかかってこないので怪しまれてしまう」、「個人経営のお店なので家族にもばれたくない」など様々な理由でできれば在籍確認なしにしてほしいと思う人もいるのではないでしょうか?

 

通常の融資の申し込みの際は勤務先を証明できる書類は1つだけ提出しますが、実は代替措置としてこれらの書類を複数提出することで在籍確認を回避できる可能性があるのです。
「勤務先の在籍を証明できる書類」とは勤務先の社員証、健康保険証(社会保険証の写しなど)、給料明細書や課税証明書などいくつかあり、これらを複数提出すればいいのです。

 

消費者金融の在籍確認なしでお金のピンチをのりきる

この場合、在籍確認電話をするよりも審査に通るまでに時間がかかることがあることは知っておかなければなりません。
しかしこの在籍確認の審査に通過できればほぼ融資を受けることができると思ってよいでしょう。
その他にも消費者金融が指定する銀行口座を持っていると在籍確認をしなくても済む場合があります。

 

どのような人であれ、急にお金が必要になることはよくあることです。
しかし事情は人それぞれであり消費者金融にとっては大切なお客様、やむを得ない事情があるのであればぜひ相談してみましょう。

最近の闇金融について

最近ではあまり闇金融の摘発がなくなってきていたりするようなこともなくなってきました。
それだけ数は減ってきているようで、闇金融もこの状況によりちょっとずつ中身を変化させているようです。

 

まず、暴力的な取り立てはせずに、優しい言葉で諭したり、返済プランの相談に乗ったりといわゆるソフト闇金というようなところが増えたようです。
ちょっと手も暴力的なことを言うとすぐ通報されたりするので、あまり厳しいことはやらないようになってきたとのこと。
また、金利も昔はトイチといった暴利を取るような傾向があったようですが、最近でっは金利もかなり低下しており
中には普通の法定金利でやってるような闇金までいるとのこと。
 ヤミ金もなんだかんだで変化しているのであり、しかもそれは焼くぞとは性質が違ったまったくソフトな対応になってきているようです。
ですがまだまだ危険な闇金融も多く、金利も法定外のものでやっているところも多いので、危険なのには変わりはない面も大きいです。